夏風邪の主な原因

夏風邪の主な原因

夏の風邪は厄介ですね

風邪をひくと言われると冬のイメージが強いかと思いますが、夏でも体調管理を怠っていれば風邪をひいてしまいます。

 

「夏だから大丈夫」と油断したりせず、しっかり対策をしておきましょう。夏風邪の主な原因は免疫力の低下です。

 

みなさんは夏になるとどのような生活をしているでしょうか?エアコンをつけて部屋を涼しくしたり、暑さを和らげるためアイスを食べたり、熱帯夜が続いて睡眠不足になったり、暑さのあまり食欲が落ちたり。

 

確かに暑いと眠れなくなり食欲が失われ、その代わりに冷たいものを食べたり飲んだりしたくなります。しかし、これらの行為は免疫力を低下させる力を持っているのです。

 

上記のような生活を送っているとあっという間に免疫力が低下し、ウイルスに感染しやすい体となってしまいます。

 

冬に比べて空気が乾燥していないのでウイルスの数は少なめですが、それでも0%ではありませんので感染する可能性があります。

 

抵抗力が落ちることでさらに感染の可能性が高くなるため気をつけましょう。夏でもうがいと手洗いを忘れずに。

 

風邪の原因は寒さではなく、ウイルスなのです。抵抗力が落ちるようなことはできるだけしないよう気をつけて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ