薬をうまく飲むコツ

薬をうまく飲むコツ

不味い薬を上手く飲もう

薬がうまく飲めない場合、飲みこむ順番が違うのかもしれません。薬と言うと「錠剤」「カプセル」「粉末」が主ですね。

 

シロップもありますが、シロップは液状ですので、まずさこそあるもののうまく飲みこめないことはないでしょう。

 

薬をうまく飲むコツは“必ず水をあとにすること”です。「水だけ飲んでしまって薬を飲みこめない」人は、もしかして水を先に飲んでいるのではないでしょうか。

 

水を先に飲んでしまうと、薬が泳いでしまって飲みこみづらくなります。

 

錠剤でもカプセルでも粉末でも、必ず「薬を先」にして「水を後」にしましょう。また、いつまでも水を口に含んでいるのもいけません。

 

押し流すようにして飲むのがコツです。薬を先に飲むとどうしても苦味を感じたり、薬特有の嫌な臭いを感じますが、飲みこめないままでいる方が不快ですので勇気を出してみて下さい。

 

うまく飲みこめるようになれば苦味や臭いはほとんど感じなくなります。ただし粉末ですと、どれだけ素早く飲んでも味を避けるのは難しいです。

 

上記のコツを試してそれでも飲みこみづらいのなら、ゼリーオブラートなど薬を飲みやすくするものを使いましょう。

 

ゼリーオブラートは主に薬局で販売されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ